トップスラインの違い

女性が使用する水着は、トップスのラインによっても分類することが可能ですが、中でも、「ホルターネック」は、ストラップを首に吊るすようになっているものです。また、「ハイネック」は、Vネックとは反対に、胸元から首までが生地で覆われ、肩だけが露出しているデザインになります。ただし、ハイネックの水着にも、装飾の目的で穴をあけたものは存在します。また、「ワンショルダー」は、ストラップが片方の1本だけ存在するものです。こちらのデザインは、肩幅の広い体形を目立たなくする効果があります。

次に、「ストラップレス」は、トップスに肩紐が付いていない形状のデザインです。ストラップレスというのは和製英語で、英語圏に於いては、「バンドゥ」という呼称が用いられます。こちらは、胸が大きい体形を目立たなくしたい場合に効果的なデザインですが、上方から加わる衝撃に弱いという問題点があります。また、ストラップレスの水着の中でも、ビキニタイプのものは、「チューブトップ」とも呼ばれます。こちらは、背中の部分に紐ではなく、太い布を使用するのが一般的ですが、ストラップレスタイプのモノキニには、背中の部分で布を結ぶデザインのものもあります。



(c)意外と知らない女性用水着 All rights reserved